ボニーラッシュに副作用の危険性はあるのか?成分の安全性を徹底調査!

ボニーラッシュに副作用の危険性はあるのか?成分の安全性を徹底調査!
モデル・美容かが愛用するまつ毛美容液「ボニーラッシュ」

まつ育に良い成分が高濃度で配合されていて値段も安いという事で注目を浴びています。

そんなボニーラッシュに副作用の危険性はあるのか。
ボニーラッシュに含まれる成分の安全性を徹底調査してみました。

購入前に成分や副作用について不安がある方は参考にしてみてください。

結論:ボニーラッシュに副作用の危険性は「ない」

まず結論ですが、ボニーラッシュに副作用の危険性はありません

ボニーラッシュは肌への優しさを考えた結果「14のフリー処方」を実現しているため、刺激が強い成分は入っていません。
副作用の心配をせずに、安心してご利用いただけます。

理由に関しては下記に記します。

ボニーラッシュの配合成分から危険性を考察

ボニーラッシュに副作用があるのか?
という疑問を解決するために、まず見るべきは当然「配合成分」です。
まずはボニーラッシュに含まれる全成分をリストアップしていくましょう。

全成分一覧

水、BG、ペンチレングリコール、グリコ汁トレハロース、グリセリン、加水分解水添デンプン、ウンシュウミカン果皮エキス、パラクロレラケスレリ細胞外多糖体、セイヨウアカマツ球界エキス、チャ葉エキス、ビオチノイルトリペプチド、パンテノール、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アカツメクサ花エキス、アセチルテロラパプチド、オタネニンジン根エキス、オクタペプチド、オリゴペプチド、メチルグルコシドリン酸、銅、アーモンドエキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、タチジャコウソウ花、セージ葉エキス、デキストラン、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na

主に育毛効果・脱毛抑制、保湿成分、肌保護効果、肌荒れ改善、美肌効果に関する成分、水と収れん剤などが配合されています。
細かいのでそれぞれの記載は省きますが、一つ一つ成分を見ていっても人体に危険が及ぶ可能性のある成分は見つかりませんでした。

成分からボニーラッシュを見た場合、概ね副作用に関する問題はありません。

ネット上の口コミに副作用の報告はあるのか

視点を変えて、口コミ情報を見ていきたいと思います。
ネット上の口コミの特徴として、悪い口コミ情報ほどすぐに拡散されます。
もしボニーラッシュに副作用の危険性があるのなら即座に見つかるはずで、危険性の指標としてみてもいいと言えます。

⇒ 結果としてボニーラッシュの副作用や危険、刺激に関する口コミは発見できませんでした。
インスタグラムやツイッターなどのSNS、Yahoo知恵袋や発言小町などのQ&Aサイト、個人ブログまで色々と検索してみた結果となります。
ネット上で悪目立ちする「副作用情報」がどうやっても見つけられないという事は、少なくとも現状はあまり心配しなくていいと言えます。

参考:【ボニーラッシュ】インスタグラムはじめSNS上の口コミレビューを集めて集めて集めてみた!【総数42件】

もしもの時の対処法について

念のため。
万が一の際の情報を記載しておきます。

まつ毛絵美容液に限らず、どんなコスメ商品にも”肌に合わない”ということは起こりえます。
成分や実際の口コミを見ても、安全性の面で問題がないボニーラッシュですが、万が一の際の対処法は知っておいて損はないでしょう。

肌が荒れたり痒みが出てしまった場合

万が一、ボニーラッシュを使ったら目元に肌が荒れたり目元がかゆくなったなど、何らかの違和感が出た場合について。

まず、ボニーラッシュに限らずコスメ商品においては、このようなことが全く起こらないとは言い切れません。

目の周りの皮膚は非常に薄くて、乾燥しやすい部位です。
ですので、特に荒れやすくもあり保湿が難しい部位となります。

もし万が一、肌荒れやかゆみが出てしまったら、まずは直ちにボニーラッシュの使用を中止してください。
ボニーラッシュの成分が原因の場合、すぐに症状は治まるかと思います。
症状が収まるまでは、とにかく保湿して肌に潤いを与えてあげると良いでしょう。

それでも症状が収まらない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

ボニーラッシュの副作用まとめ

配合成分を細かく調べてみても副作用の心配はないと考えられます。

当たり前のことですが、ボニーラッシュは医薬品ではなく単なる美容化粧品です。
危険な成分が入っている訳はなく、過度な心配も必要ないでしょう。

シェアする