【眉育(マユイク)】ボニーラッシュはまつ毛だけじゃなく眉毛にもOK!憧れの美眉に!

ここ最近は一昔前の細眉ブームが去り、すっかり太眉メイクやナチュラル眉が定着してきました。
ナチュラルな太眉に憧れるのに、昔抜きすぎた、元々眉毛が薄い、などの理由で眉毛はなかなか生えてこなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、”まつ毛美容液”として人気のボニーラッシュですが、まつ毛だけではなく眉毛にも使えるのか?効果は期待できるのか?という疑問にスポットを当ててご紹介していきます。
まつ毛だけではなく眉毛も同時にケアできるなら一石二鳥ですので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論:ボニーラッシュは眉毛にも使える

結論:ボニーラッシュは眉毛にも使える
いきなり結論ですが、ボニーラッシュは眉毛にも使えます。さらに「まゆ育効果」にも期待ができます。

ページ上部の画像を見て頂くと分かるように、公式サイトにも「眉毛美容液としての役割を持つ」という旨の記載がある通りです。

体毛が生える仕組みや構造は全身どこも同じ

決定的な根拠として、体毛が生える仕組みや毛穴と皮膚の構造は、頭髪でもまつ毛でも眉毛でもどこでも同じという事実があります。

実際に、ボニーラッシュに含まれている「まつ育4大成分」のワイドラッシュ、リデンシル、キャピキシル、ネオダーミルは、ひとつひとつ眉毛の育毛ケアにも効果が期待できるとされる成分で、実際に多くのまゆげ美容液に採用されています。
さらに、リデンシルとキャピキシルに関しては頭髪用の育毛剤・発毛剤にもよく使われている成分となります。
これらを見ても分かるように、まつ毛や頭髪に育毛効果があるにもかかわらず眉毛には効果が期待できない、、なんて考えるほうが難しいほどです。

参考:ボニーラッシュの「まつ育4大成分」の効果に迫る!!

眉毛に塗ると刺激が強かったりしないのか

上記のように、配合成分的に見てボニーラッシュに眉育効果が期待できることが分かりました。
では、成分以外の面で眉毛に使えない理由はないのか?という疑問にも焦点を当ててみましょう。

特に気になるのは「刺激が強いのでは?」というところです。

これに関しては、ボニーラッシュは元々まつ毛美容液として作られた商品ですので心配はありません。

眉毛美容液とまつ毛美容液は基本的に同じような成分が配合されていますが、まつ毛美容液はより敏感な眼球や粘膜に近い部位への使用を想定して作られているため、万が一目に入っても安全なようにやさしい処方になっています。

ボニーラッシュは「14のフリー処方」を実現し、いくつもの「安全性のテスト」もクリアしています。

【14のフリー処方】
旧表示指定成分/石油系界面活性剤/合成着色料/合成香料/鉱物油/動物性オイル/紫外線吸収剤/殺菌剤/シリコン/エタノール/合成ポリマー/グルテン/ヘキシレングリコール/オクタンジオール、全て無配合

【安全性のテスト】
ヒトパッチテスト・顔面皮膚刺激試験(スティンギングテスト)・累積刺激および感作試験(RIPT試験)の実施

当然、個人差もあるため全ての方に刺激がないということを保証するわけではありませんが、非常に安全性の高い商品のため眉毛に使用しても問題はありません。

ボニーラッシュの眉毛への塗り方

まつ毛だけではなく、まゆ毛にも使えて目元をトータルケアしてくれるボニーラッシュ。
眉毛に使う際はどのように使用するといいのでしょうか。

これに関してはあえて言うまでもない事かもしれませんが、眉育効果がほしい部分に塗るだけです。

眉毛がない箇所に部分的に塗ったり、全体にまんべんなく塗ったり、理想の眉毛のカタチに沿うように塗ったりすればOKです。

使用回数はまつ毛と同様、一日一回夜に塗ると良いでしょう。

参考:【ボニーラッシュの使い方】まつ育効果を最大限に引き出すための4つの工夫

眉毛美容液として使用する際の注意点

まつ毛美容液であるボニーラッシュは、安全性の面でも効果の面でも眉毛に使用できる商品ですが、ひとつ注意点があります。

ボニーラッシュを眉毛専用として使用するなら問題ありませんが、もし眉毛とまつ毛の両方に使用する場合は、衛生面に注意してください。
ボニーラッシュのブラシに雑菌などが付着したまま、まつ毛に使用すると目が荒れたりする原因となります。

ボニーラッシュを眉に塗る前には必ず洗顔をして、顔をなるべく清潔にしてから塗りましょう。
しっかり洗顔を行えば、衛生面のリスクをかなり減らすことができます。

もっと慎重に取り扱うのなら、眉毛に使用する際はブラシで直接塗らずに、ブラシについた美容液を指先に垂らし取り、指で眉毛の地肌に塗り込むといいでしょう。
が、ここまですると「サッとひと塗りするだけ」というボニーラッシュの利点が損なわれてしまいます。。

基本的には、「しっかり洗顔してからブラシで塗る」でよいと思います。

まとめ

まとめると以下のようになります。

  • ボニーラッシュは眉毛に使用しても問題ない、マユ育効果にも期待できる
  • まつ毛と眉毛の両方に使用する際は衛生面に注意する

ちょうど今なら、公式販売サイトにて初回71%OFFになるお得なキャンペーンが実施されています。
眉毛がなかなか生えずにお困りの方は、是非「まゆ育」としてボニーラッシュを取り入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする